音楽教室の受付にミニベーカリーがオープン/埼玉県シバタ音楽教室内「ドレミパン」様へパン屋さんのガラスショーケース(4面ガラス仕様)納品

パン屋さんの販売用ガラスショーケース(埼玉県、ドレミパン)
LINEで送る
Pocket

パン屋さんの販売用ガラスショーケース(埼玉県、ドレミパン)
先日、音楽教室の受付にオープンするミニベーカリー「ドレミパン」さんで使用する、パン屋さんのガラスショーケースの納品に行ってきました。

場所は埼玉県さいたま市浦和区にある「シバタ音楽教室」さん。
シバタ音楽教室(埼玉県さいたま市)

ピアノ、フルート、バイオリンなど、それぞれの楽器ごとに専門の講師を招いた本格的なレッスンが受けられます。

オーダーいただいたパン屋さんのガラスショーケースは、幅120×奥行65×高さ120(cm)、仕上げの色はチェリー色、両サイド・お客様側・天板面の合計4面がガラスになっています。
受付カウンターの横の限られたスペースの範囲内で可能な限り横幅を取り、狭い店内でも、少しでも圧迫感の出ないように、そして横からでも商品が見えるようにと、この仕様に決まりました。
パン屋さんのガラスショーケース(4面ガラス仕様)

パン屋さんの販売ガラスケース(店員側)

この場所では販売のみになりますが、独立開業できるまでの腕前と知識を研修し取得したスタッフが焼き上げる本格的なパン屋さんのパンです。

ドレミパン(埼玉県さいたま市)
オープンは2018/2/15
「少し入りにくいけど、誰でも購入できますよ(笑)」とオーナーさま。

地域密着型のミニベーカリーで、焼き上げる数に限りがあるため売り切れ次第終了となってしまいます。
あと、本業が音楽教室なので、コンクールの前など、販売が出来ない日もあるそうなのでご注意くださいね。
さいたま市浦和区「ドレミパン」営業時間

■お店情報
音楽教室受付のミニベーカリー 『ドレミパン』
埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-11-11
(シバタ音楽教室内)

■ショーケース参考ページ
パイン家具実例 パン屋さんのガラスショーケース

■工房案内
愛知県の家具工房okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様に合わせて、完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

埼玉県のラ・シルフィード様へパン屋さんのガラスショーケース(棚板照明付き)の納品

パン屋さんのガラスショーケース(照明付き)/okamoku
LINEで送る
Pocket

パン屋さんのガラスショーケース(陳列棚)
埼玉県板戸市にオープンするパン屋さん「ラ・シルフィード」さんへ、ガラスショーケースの納品に行ってきました。

オーダー頂いたパン屋さんのガラスショーケースのサイズは幅1400mmで、棚下には照明が付いています。温かみのある電球色のLED照明がおいしい焼き立てパンの魅力をより一層引き立ててくれます。
パン屋さんの陳列ケース
パン屋さんのガラスショーケース(店員側)

最終的な形としては、このパン屋さんのガラスショーケースの横に、跳ね上げ天板の付いたレジカウンターが来るのですが、保健所の検査と製作納期の問題で、カウンターは後日配送に。陳列ケースのみ先行での納品となってしまいました。

小さなパン屋さん、ラ・シルフィード(埼玉県板戸市)
オープンは2017.12月中旬予定。
国産小麦の無添加パンのお店です。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

■お店情報
小さなパン屋さん 『ラ・シルフィード』
埼玉県坂戸市末広町11-22

■ショーケース参考ページ
パイン家具実例 パン屋さんのガラスショーケース

■工房案内
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様に合わせて、完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

パステル色のタイルを交互に貼った間仕切りキッチンカウンター/愛知県M様邸

キッチンカウンターのタイルトップ
LINEで送る
Pocket

愛知県のM様邸からオーダーいただいた、間仕切りキッチンカウンターです。

キッチンカウンターのタイルトップ

淡い黄色と淡い緑色の2色のタイルを交互(市松模様)に貼ったタイルトップがステキです。

LDK一間続きのお部屋には、I型のキッチンが壁に向いて配置して有りました。
そこにキッチンの収納とリビングとの区切りの役目も兼ねた間仕切りキッチンカウンターをオーダーで製作し置いています。

間仕切りキッチンカウンター

横幅130㎝の限られたスペースの中に、オーブンレンジや炊飯器を収納したり、ダストボックスを収納したりと、一か所に可能な限りの機能を集中させていますので、高さが110㎝と、普通の間仕切りキッチンカウンターよりかなり高めになってしまいました。機能を減らして高さを低くする方法も考えましたが、最終的に全ての機能が必要であるとお客様が判断したため、この高さで製作することに決定しました。

キッチンカウンターのダストボックス収納

間仕切りキッチンカウンター(オーダー・パイン材)/okamoku

キッチン環境にもよりますが、間仕切りキッチンカウンターを補助の作業台を兼ねるような使い方の場合は、高さをもっと低くしなければいけませんが、レンジラック的な要素や間仕切り要素が強いキッチンカウンターであれば、このくらいの高さになるのもありなのかなと思いました。

今日は、タイルトップの間仕切りキッチンカウンター(パステル色交互貼り)をご紹介しました。

 
【パイン家具工房okamokuホームページのご案内】
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様の合わせた完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

長さ230cm!ベンチチェスト(オーダーメイド)/大阪府のY様邸

LINEで送る
Pocket

大阪府のY様邸からオーダーいただきました、ベンチチェストをご紹介したいと思います。
まずはベンチチェストをどんなシチュエーションで使用しているのか、お客様がお写真を送ってくださったので見てください。

お部屋のレイアウトにもよりますが、ダイニングテーブルとベンチを組み合わせて、そのうえでベンチを壁側に寄せて設置するような場合、ベンチはほとんど動かすことがなくなりますので、下部の空いたスペースが収納になっているベンチチェストが役に立ちます。

通常、ダイニングテーブルとベンチを組み合わせる場合、ベンチの長さはダイニングテーブルと同じか、または脚の間に入るサイズで製作します。今回のケースでは囲み6人掛けのダイニングセットを壁のコーナーに寄せて使用しているため、一緒に組み合わせるベンチチェストをダイニングテーブルと一緒の長さにすると、コーナーまでのスペースに椅子1個分程度の空きができてしまいます。

今回オーダーいただいたベンチチェストはその椅子1個分の長さを含めて、壁のコーナーまで延長した長さで制作しているところがポイントです。

今日は、ダイニングセットを壁側に寄せて使用するなんて時にあると便利なベンチチェストをご紹介しました。

 
【パイン家具工房okamokuホームページのご案内】
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様の合わせた完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

HPリニューアルのお知らせ!とその時にふと思ったこと・・

LINEで送る
Pocket

okamokuのホームページが少しだけリニューアルしました。
でも見た目以上にリニューアルしたのがシステム的な内容で、今まではホームページビルダーなどのソフトを使って更新していたのですが、今回、ワードプレスに完全移行してブログ形式で更新ができるようになりました。

今までは一つの事例をUPするのにも、作品ページを製作して、TOPページにお知らせして、事例集のページやカテゴリーのページなどを更新して、それぞれのページをリンクしてと、何ページも書き換えを行う必要があり、更新がとても大変でした。正直、億劫でした。

でも今回からはブログを書くのと同じやり方なので、ページを1ページ製作すれば、TOPページへの新着表示や関連するページなども自動的に更新され、作業がグッと楽になりました。

移行作業は1ページずつ内容をコピーし、部分的に修正を加えたりしながら手作業で行い、100ページ以上の全てのページを移行しました。

作業中、ふと、こんなことを思いました。
制作当時は、最善を尽くし一生懸命だったのに、今見るとデザイン的にも技術的にも古く感じたり恥ずかしいと感じることがあるのはなぜだろう?・・・と

ファッションや車、ライフスタイルや建築物などもそうですが、振り返ってみてみれば、古臭い、ダサい、こんな技術で?などと思うものも、その当時は最先端であったはず。
時代が進むにつれて流行のデザインも変われば技術も進化する。その結果で最新だったものが古いと気付くんだと。

昔から変わらないデザインもステキですし、時代に合わせて進化していくデザインもステキです。

okamokuの事例が時代によって変化しているのは、「お客様が何を求め、どこにこだわっているのか」、「お客様がこれでいいというもの」を形にしてきたから。

その時その時で一生懸命に製作してきた家具はokamokuにとってもお客様にとっても大切な財産です。
これからもプロとして、あらゆる物事への向上を追求しながら、その時点における最新最善最高の仕事で、お客様の求めている家具を作っていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket