パステル色のタイルを交互に貼った間仕切りキッチンカウンター/愛知県M様邸

キッチンカウンターのタイルトップ
LINEで送る
Pocket

愛知県のM様邸からオーダーいただいた、間仕切りキッチンカウンターです。

キッチンカウンターのタイルトップ

淡い黄色と淡い緑色の2色のタイルを交互(市松模様)に貼ったタイルトップがステキです。

LDK一間続きのお部屋には、I型のキッチンが壁に向いて配置して有りました。
そこにキッチンの収納とリビングとの区切りの役目も兼ねた間仕切りキッチンカウンターをオーダーで製作し置いています。

間仕切りキッチンカウンター

横幅130㎝の限られたスペースの中に、オーブンレンジや炊飯器を収納したり、ダストボックスを収納したりと、一か所に可能な限りの機能を集中させていますので、高さが110㎝と、普通の間仕切りキッチンカウンターよりかなり高めになってしまいました。機能を減らして高さを低くする方法も考えましたが、最終的に全ての機能が必要であるとお客様が判断したため、この高さで製作することに決定しました。

キッチンカウンターのダストボックス収納

間仕切りキッチンカウンター(オーダー・パイン材)/okamoku

キッチン環境にもよりますが、間仕切りキッチンカウンターを補助の作業台を兼ねるような使い方の場合は、高さをもっと低くしなければいけませんが、レンジラック的な要素や間仕切り要素が強いキッチンカウンターであれば、このくらいの高さになるのもありなのかなと思いました。

今日は、タイルトップの間仕切りキッチンカウンター(パステル色交互貼り)をご紹介しました。

 
【パイン家具工房okamokuホームページのご案内】
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様の合わせた完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

長さ230cm!ベンチチェスト(オーダーメイド)/大阪府のY様邸

LINEで送る
Pocket

大阪府のY様邸からオーダーいただきました、ベンチチェストをご紹介したいと思います。
まずはベンチチェストをどんなシチュエーションで使用しているのか、お客様がお写真を送ってくださったので見てください。

お部屋のレイアウトにもよりますが、ダイニングテーブルとベンチを組み合わせて、そのうえでベンチを壁側に寄せて設置するような場合、ベンチはほとんど動かすことがなくなりますので、下部の空いたスペースが収納になっているベンチチェストが役に立ちます。

通常、ダイニングテーブルとベンチを組み合わせる場合、ベンチの長さはダイニングテーブルと同じか、または脚の間に入るサイズで製作します。今回のケースでは囲み6人掛けのダイニングセットを壁のコーナーに寄せて使用しているため、一緒に組み合わせるベンチチェストをダイニングテーブルと一緒の長さにすると、コーナーまでのスペースに椅子1個分程度の空きができてしまいます。

今回オーダーいただいたベンチチェストはその椅子1個分の長さを含めて、壁のコーナーまで延長した長さで制作しているところがポイントです。

今日は、ダイニングセットを壁側に寄せて使用するなんて時にあると便利なベンチチェストをご紹介しました。

 
【パイン家具工房okamokuホームページのご案内】
okamokuでは、お客様のご希望の寸法と仕様の合わせた完全オーダーメイドのパイン家具を制作しています。オーダー・お問い合わせは「パイン家具工房 okamoku」HPよりお問い合わせください。

LINEで送る
Pocket

HPリニューアルのお知らせ!とその時にふと思ったこと・・

LINEで送る
Pocket

okamokuのホームページが少しだけリニューアルしました。
でも見た目以上にリニューアルしたのがシステム的な内容で、今まではホームページビルダーなどのソフトを使って更新していたのですが、今回、ワードプレスに完全移行してブログ形式で更新ができるようになりました。

今までは一つの事例をUPするのにも、作品ページを製作して、TOPページにお知らせして、事例集のページやカテゴリーのページなどを更新して、それぞれのページをリンクしてと、何ページも書き換えを行う必要があり、更新がとても大変でした。正直、億劫でした。

でも今回からはブログを書くのと同じやり方なので、ページを1ページ製作すれば、TOPページへの新着表示や関連するページなども自動的に更新され、作業がグッと楽になりました。

移行作業は1ページずつ内容をコピーし、部分的に修正を加えたりしながら手作業で行い、100ページ以上の全てのページを移行しました。

作業中、ふと、こんなことを思いました。
制作当時は、最善を尽くし一生懸命だったのに、今見るとデザイン的にも技術的にも古く感じたり恥ずかしいと感じることがあるのはなぜだろう?・・・と

ファッションや車、ライフスタイルや建築物などもそうですが、振り返ってみてみれば、古臭い、ダサい、こんな技術で?などと思うものも、その当時は最先端であったはず。
時代が進むにつれて流行のデザインも変われば技術も進化する。その結果で最新だったものが古いと気付くんだと。

昔から変わらないデザインもステキですし、時代に合わせて進化していくデザインもステキです。

okamokuの事例が時代によって変化しているのは、「お客様が何を求め、どこにこだわっているのか」、「お客様がこれでいいというもの」を形にしてきたから。

その時その時で一生懸命に製作してきた家具はokamokuにとってもお客様にとっても大切な財産です。
これからもプロとして、あらゆる物事への向上を追求しながら、その時点における最新最善最高の仕事で、お客様の求めている家具を作っていきたいと思います。

LINEで送る
Pocket

お客様ありがとう。来年も頑張ります!!

LINEで送る
Pocket

今年の年末は、12/30にドアの交換工事を済ませて仕事納め。
本日12/31大掃除と、バタバタの年末でした。
ドア交換

先のブログ「お客様からのお手紙が元気をくれるのです」でも書きましたが、今年一年は思いがけず闇に見舞われてしまい、厄年なのか?と思うほど身心ともに絶不調でした。

そんな中でも、スタッフの計らいにより、
ロハスフェスタ東京2016 AUTUMN」出店や、「クリエーターズマーケット」に家具工房として出店できるなど、多くのお客様にokamokuを知ってもらう機会を得ることができました。

また、家具をお届けしたお客様からお手紙をいただいたり、心温まるお土産をいただいたり、過去にキッチンをお届けしたお客様がインスタを見つけてくれてメッセージをくれたり、フェイスブックに友達申請が来たりと、多くのお客様から勇気と自信を与えて貰いました。

そのお陰で体調も年末には完全回復致しました。
不調の影響でまだまだ付けが残っていますが、この流れで来年も頑張りたいです。

素敵なお客様とのご縁に感謝しつつ、来年もお客様に喜ばれる作品を作り続けたいと思います。

お客様ありがとう。来年も頑張ります!!

LINEで送る
Pocket

【サンタさんからのご注文】ままごとキッチン

LINEで送る
Pocket

もう10年以上も前のことになります。
サンタさんから良い子にしている子供のために特別なプレゼントをしたいので、ままごとキッチンを作ってほしいと頼まれました。
ままごとキッチン・3口コンロ・オーブンレンジ付き(オーダー)/okamoku

ハートのままごとキッチン・3口コンロ・オーブンレンジ付き(斜め)

そのままごとキッチンはとても大きく、2人で並んで料理しても余るほど。レンジやシンクや3口のガスコンロなど、装備も充実した立派なものでした。

ままごとキッチン、コンロと引き出し

ままごとキッチン、お盆を兼ねた引き出し

ままごとキッチンのお盆

ままごとキッチン、コンロの五徳(3口仕様)

当時は、ハートと波飾りの付いたカントリー家具が流行りで、このままごとキッチンにも、ハートのくり抜きや波飾りが装飾してあるのが分かります。手間をかけ、工夫をし、一生懸命に仕上げたことを思い出します。

最近は、私たちのような職人が作らなくても、お手頃な価格でままごとキッチンも購入できる時代になったんですね。記事を書くときに検索して初めて知りました。

サンタさんから、ままごとキッチンが届いた子は喜んでくれただろうか。いま何歳になっただろうか。。。

 

LINEで送る
Pocket