「カントリー家具とは」その特徴や魅力について

カントリー家具とはどのようなものなのでしょうか? その特徴や魅力についてご説明します。

 

カントリー家具とは

カントリー家具とは、パインやオーク、メープルなどの木材を使用しオイルやワックスで仕上げる木製の家具のことを総じてそう呼びます。もちろんカントリー調の家具やウレタン塗装仕上げの家具などもカントリー家具と言いますが、やはり本来の意味でのカントリー家具とはオイル仕上げの木製家具のことになります。

その中でも、最もポピュラーなのが、パイン材を使用して作るカントリー家具で、『カントリー家具=パイン家具』、と言ってもよいほどでしょう。

カントリー家具は昔からそのデザインをほとんど変えることなく、いつの時代も愛され続けてきました。

カントリー家具にはヨーロッパ系のブリティッシュカントリー家具、フレンチカントリー家具と、植民地時代にイギリスからアメリカに渡り独自に変化したアメリカンカントリー家具とに大別されます。

アメリカンカントリー家具は開拓時代に建材として多く使われていたパイン材を使用し、オイルで塗装しただけのラフで素朴な印象を持ち合わせています。ブリティッシュカントリー家具が伝統的な英国スタイルを基本とした、重厚で直線的な、高級感あふれるデザインに対し、アメリカンカントリー家具は装飾も少なく、生活用品として作られた、どこか懐かしく素朴で温かみのある風合いが特徴です。

また、フレンチカントリー家具は、ロマンティックなイメージで、カラーも白が多く、フランス宮殿のお姫様のお部屋ような風合いがあります。

一方、日本国内でも最近よく目にするようになったハートや波模様を多用した家具は、アメリカンカントリー家具を見本に日本人好みに独自にカスタマイズされた、ジャパニーズアメリカンカントリー家具とでも言うべき家具ではないでしょうか。

木やオイルなどで作られるカントリー家具は、修理しながら何十年と使われてきました。その素朴な手触り風合い暖かみが人の心を和ませ、使い込むほど愛着を増していくカントリー家具の魅力なのです。

 

カントリー家具の魅力

木材をふんだんに使い、オイルやワックスで仕上げたカントリー家具は、木の呼吸、調湿作用も妨げることなく、本来の木の持つ風合いや温もり、手触りをそのまま感じることのできる仕上りが特徴です。

カントリー家具はその性質上、傷やシミが付きやすく、色はだんだんとアメ色へと変化していきます。条件によっては扉が閉まりにくくなったり、割れたり、反ったり、すきまが大きくなったりすることがありますが、これは自然素材故に当然なことであり、1つひとつ違った表情を持った家具の個性なのです。

「傷や汚れ、割れや反りなどがより味わい深いカントリー家具へとしてくれる」。カントリー家具の愛好家たちは、これらの症状をその家具1つひとつの表情としてとらえ、カントリー家具ならで魅力として楽しんでいるのです。

年月を重ねるほど、使い込むほど、味わいが深くなる。
愛用することで益々その魅力を増し、使い込むほどに味わい深くなる、それがカントリー家具の特徴であり、一番の魅力なのです。

 

okamokuのカントリー家具

okamokuのカントリー家具は、主材にパイン材を使用した「パイン家具」になります。
デザインは、ラフで素朴なイメージが持ち味のアメリカンカントリースタイルを基調とし、シンプル、ナチュラルなど、スッキリとしたスマートな納まりが特徴です。

また、数多くの住宅や店舗などのオーダー家具を専門に作ってきた経験から、他工房ではあまりみられないような、造り付けのキッチン収納や造り付けのテレビ棚、店舗用の家具などの制作も得意としています。

家具に使用する材料は、パイン無垢材、集成材、桐、シナ合板などを適材適所使い分けをして使用しております。それは今までに数多くのオーダー家具を製作してきた経験から導かれた結果で、ご予算・仕様など、お客様のこだわりに応じて自由にセレクトいただくことも可能です。もちろん100%パイン材での製作もお任せ下さい。

仕上げの塗装は主に自然オイルを使用しています。オイル仕上げの家具はオイルが木に浸透して内部から保護するため、木の持つ調湿作用・呼吸を妨げることなく、手触りや質感をそのまま感じていただける仕上げが特徴です。その他にもミルクペイント仕上げやアンティークペイント仕上げなどもございます。

各種金物などを使用した機能的で使いやすい家具から、デザインや仕上げ方にこだわった家具まで、高さ、横幅、奥行きなど、お客様の自由なサイズやご要望を限りなく形にした、世界でたった1つだけのオリジナル家具を製作しております。

okamokuのパイン家具についてはこちらでも少しご説明しています。

 

カントリー家具の取り扱いについて

自然オイルで仕上げたカントリー家具の取り扱いは、ちょっとした愛情が必要です。
濡れたコップをそのまま放置しておいたり、醤油やお酒をこぼしたり、お皿を引きずったりすると、シミや傷の原因になりますのでコースターやランチョンマットを使用したり、濡れたらすぐに拭きとるなどしてあげましょう。

普段のお手入れは固く絞った布きんか、乾拭きで充分です。
半年から1年毎の定期的なメンテナンスをしていただきますと、ワックス分を補充するとともに、より一層深みも増していきます。

愛用することで益々その魅力を増していくのがカントリー家具です。
あなたの愛情で魅力的なカントリー家具へ仕上げてください。

パイン家具のお手入れについてはこちらでご説明しています。

 

カントリー家具の製作工房としての本音

カントリー家具の扱いについて、okamokuはこう思っています。
「カントリー家具を精一杯使い切って欲しい」と。

たしかに日ごろのお手入れや気使いはとても大切なことです。ただ、そのことだけにあまり過剰にならないでほしいのです。

どんなに気をつけていても、やはり傷も付けてしまいますし、シミが付いてしまうこともあります。自然に反ったり割れたりすることもありますし、メンテナンスも意外と大変なものです。
きれいに使うことだけを考えているよりも、傷がついてもシミがついてもいいからカントリー家具を目いっぱい使ってあげてほしいのです。

家族の写真を画鋲で貼ったり、フックが欲しければネジを打ってもいいでしょう。傷がついたら色を塗ってあげる、割れてきたら添え木で固定する、修理しながら愛情を持って大切に使っていく。それは木材を使用し自然オイルで仕上げたカントリー家具だからこそできることなのです。

誤解しないでくださいね。乱暴に扱えと言っているのではありません。
「愛情を持って大切に、使い切ってあげて欲しいのです」

それは製作工房としての本音であり、願いでもあります。

 

投稿日:2016年11月13日 更新日:

Copyright© パイン家具工房 okamoku , 2017 AllRights Reserved.